201410091734453562.jpg
社会福祉法人あんなか福祉会
〒379-0136
群馬県安中市嶺240番地
TEL:027-385-0003
FAX:027-385-0805

──────────────────
第一種社会福祉事業
特別養護老人ホーム
(明嶺荘・のどの荘)
第二種社会福祉事業
ショートステイ事業
(明嶺荘・のどの荘)
デイサービス事業
(明嶺荘・のどの荘)
その他の事業
居宅介護支援事業
(明嶺荘・のどの荘)
──────────────────
013610
 

トピックス

 

のどの荘のできごと

のどの荘のできごと
フォーム
 
梅雨明けでも雨に注意
2019-07-31
 関東地方も梅雨明けし、猛暑日が続いています。熱中症対策を十分に行いましょう。
 
 日差しがまぶしい日々ですが、昨今は突然のゲリラ豪雨もたびたび発生しています。でも、のどの荘の玄関先でお客様をお迎えしている 群馬県老人福祉施設協議会のマスコット「Gちゃん」 人形は、雨でも大丈夫
 
 なぜなら、優しい利用者様が傘を差してくれたからheart
 
 
 
 
法人研修
2019-07-23
 あんなか福祉会では、年に数回、外部の講師を招いて職員研修を行っております。
 
 本日は、公益財団法人 脳血管研究所 介護老人保健施設アルボース 相談室長 大塚 彰太 様 を講師にお迎えし、「高齢者虐待と身体拘束」と題し講演をいただきました。
 はじめに、高齢者虐待の定義や特徴、なぜ虐待をしてはいけないのか、などの基本を改めて学び、養介護施設における虐待行為や虐待行為を受けた高齢者の特徴、虐待行為を行った職員の特徴や背景要因についても解説していただきました。
 顕在化した高齢者虐待以外にも、表面化していない虐待や「虐待」と判断に迷う”グレーゾーン(不適切なケア)”があり、虐待を防ぐためには水面下にある不適切なケアの芽をつみ取ることが大事とのことでした。
 
 その「不適切なケア」についてはグループワークにて話し合いました。介護・看護職員が現場で感じた「不適切なケア」を介護技術面と接遇面に分けて考えることで、原因や解決策を導くことができました。解決をするだけでなく、他の職員との問題共有ができたことも介護をする上での大きな収穫となりました。
 
 ご利用者様が穏やかにその人らしくお過ごしいただけるように、今回の研修で学んだことを今後の介護に生かしていきたいと思います。
 
 
 
 
 
七夕メニュー
2019-07-08
 昨日は七夕 雨続きの毎日でしたが、少し晴れ間も見えました。
空の上では彦星と織姫の年に一度の逢瀬ができたことでしょうheart
 
 のどの荘の本日の昼食は、七夕メニューでした。
 人参のお花が流れている七夕そうめん、流れ星のような星形ハンバーグ。エビがたっぷりの湯葉巻き。デザートには色が2層に分かれていて見た目にも涼やかな七夕ゼリー。
 
 「彦星と織姫は会えたかな?」「願い事は何にした?」など、利用者様とのお話にも花が咲き、楽しく美味しく召し上がっていただけました
 
またお花をいただきました。
2019-06-20
 先日ご利用者さまからお花をいただいたところですが、本日は別のご利用者さまからお花をいただきました。
いただいたお花はとても立派なユリの花。色は、黄色、薄いオレンジ色、濃いオレンジ色の三色あり、蕾もたくさんついているしっかりしたお花です。辺りにはユリの高貴な香りが漂っていますblush
 
 また、アジサイも飾らせていただいております。こちらはちょっと変わった品種で、八重の花が咲いているように見えるアジサイです。その名も「てまりてまり」。
 
 いただいたお花のおかげで、のどの荘が華やいでおります。
 ありがとうございますheart
 
 
 
 
お花をいただきました。
2019-06-12
 ご利用者様から綺麗なお花をたくさんいただきました
 
 たくさんの種類があるアルストロメリア。今回は赤、ピンク、黄色の3色をいただきました! ちょうど満開で見応えたっぷり
 
 また、ヒマワリもいただきました。生けてあるだけで夏を感じさせてくれるヒマワリですが、こちらのヒマワリはとっても大きいsurprise 一緒に写真を撮ったご利用者様のお顔より大きいほどでした。
<<社会福祉法人あんなか福祉会>> 〒379-0136 群馬県安中市嶺240番地 TEL:027-385-0003 FAX:027-385-0805